ドリプロのブログ

ラオスコーヒーを販売する学生団体ドリプロからのお便り

ある映画を観て感じた「暮らし」と「消費」について

こんにちは!ななです。

最近は大学のオンライン授業も始まらないので、映画を観たり、YouTubeで探した筋トレをやったり、布団を頻繁に干す(笑)毎日を過ごしています。

今日は、この自粛期間中に観た映画を2つ紹介しながら、私たちの「暮らし」と「消費」について感じたことを話します。 “当たり前なもの・こと”って何だろうとか、生活の“豊かさ”とかいろいろ思うことがありました。

今・これからのwithコロナ時代に観る映画の候補の一つになれば嬉しいです。

 

1.『ミッドナイト・イン・パリ』(米2011)

"パリ滞在中のアメリカ人が、突然現代と行き来し始めることになった「ベルエポック」な時代に魅せられる話。"


パリの人々の、日常を大切にして、決して多くは求めない庶民的な暮らし。そして対照的なアメリカ人の豪遊ともいえるパリでの滞在の描き方のギャップに面白みを感じました。パリの人々が楽しむ暮らしはまさに日常を彩ること。突然雨が降ることさえ「パリでは雨の日が素敵なのよ。」とハッピーに捉えるマインドだったり、お花を買ったりヴィンテージショップで楽曲を手に入れたり。いつの時代も「~年代の暮らしが一番良かったなあ。」と考えますが、パリの人々の変わらない「暮らし」を楽しむ姿勢に、なんだか救われた気がします。

今、コロナで消費の体系が大きく変わりつつあるといわれています。

「お金を出して買うなら...」

「本当に必要なものって...」

「何回も洗って使えるのは...」(数か月前はマスクがこんなにも高級品になるなんて思いもしませんでした。)

といった姿勢が今まで以上に大切にされているような。

生産者と消費者の真のwin-winを掲げて活動するドリプロとしても、「コーヒーと暮らし」、つまりは消費者側のwinって結局は何を追求しているんだろうって思います。

 

2.『天使のくれた時間』(米2000)

"ウォール街での豪華な暮らしと郊外での家族に囲まれた暮らし。あの時選ばなかった人生を送り、真逆のライフスタイルを知る中で主人公が本当の“幸せ”とか“豊かさ”とかいろいろ気づいちゃう話。"


人の価値観とか幸せって本当に自由だけどそれを他人に押し付けてしまうことには大反対。「私は今の暮らしで十分なの。」といったセリフにドキッとしたりもしました。

ラオスを訪れたときも日本の暮らしや消費を知ってしまっている私からしたら、そのライフスタイルに戸惑いばかりでした。ただ、スマートフォンを持っていたりと共通する点もいくつかあったりして、ラオスにいる自分が徐々にその暮らしに馴染んでいく過程を楽しんでいたような気がします。

生活の中で何が満たされることが自分にとっての「十分」なのか、改めて考えてみたいと思わせてくれる映画でした。

f:id:dripro-ft:20200512220121j:image

以上、わたしの最近見た映画から感じたことでした。映画で何を観るか迷った際には、ぜひ!

ラオスの魅力、伝えます。🇱🇦

こんにちは!みきてぃーです!


突然ですが、みなさんはラオスに対してどのようなイメージがありますか??

あまり馴染みがなくイメージが湧きにくい方もいらっしゃるかもしれませんね😌


私自身、今までに8カ国に訪れました。その中で好きな国は1,2位を争う国ラオス。もう1度行きたい国は堂々の1位のラオス。といった、ラオス愛に溢れる私が去年の夏(ドリプロ加入前)に訪れたラオスルアンパバーンの魅力をたっくさんご紹介をしたいと思います🇱🇦


ルアンパバーンラオスの北部に位置しており、街全体がユネスコ世界遺産に登録されています。


訪れてまず最初に思ったこと。非常に自然豊か🌴そして、どこか懐かしい趣がある。という印象がありました☺️

f:id:dripro-ft:20200430201848j:image

 

高いビルもなく、世界中でお馴染みのファーストフード店やチェーン店もなく、まるでひと昔前の日本や田舎のおじいちゃんの家に遊びに来た感覚に陥りました。


90年代まで鎖国状態だったことも関係しているかもしれませんね🤔


プーシーの丘では、、

f:id:dripro-ft:20200430201928j:image


どこまでも続く空、山、メコン川が一望できます✨

もう一方の景色はというと

f:id:dripro-ft:20200430201953j:image

 

赤い屋根の家に、こちらもどこまでも続く山が広がっていました⛰

プーシーの丘から見る夕日は絶景でした✨


中でも印象的だったのが世界最大規模とも言われる托鉢(たくはつ)です。

f:id:dripro-ft:20200430204043j:image


毎朝修行僧が街を歩き回り、市民がご飯をあげる行為です。

もともと棄捨と言って捨ててしまう食べ物をあげていたそうです。そのため、ご飯をもらっても目を合わせず、感謝の言葉を言うこともないそうです。

 


早朝から裸足で街を歩き、寺院の前でお経を唱える姿が非常に神秘的でした。

 


日本も仏教を信仰していますが、普段の生活で仏教を感じる機会がない一方、ラオスはたくさんの寺院があり、市民にとって仏教が生活の一部なのだと感じました。

 


そして、ラオスに訪れた1番の理由が、、

 

f:id:dripro-ft:20200430204119j:image

なんと!象使いの免許を取得できるんだぞう🐘

すごく優しくて可愛い象に乗って、森を抜けてメコン川で体を洗ってあげました😊

メコン川に浸かったり、鼻で水面を叩いてびっしょりになりました😅

頭の良い象はラオス語をよく理解していて”止まれ”、”進め”という言葉に従っていてすごく驚きました。

 


ゆっくりと流れるメコン川沿いにあるカフェで飲んだコーヒーもほてった身体に染み込んで格別な美味しさでした☕️

 

f:id:dripro-ft:20200430204125j:image

 


女1人で訪れたルアンパバーンですが、非常に治安が良く、安心して過ごすことができました😌

 


普段の忙しない日々から解放されて、のんびりと流れる特別な時間を楽しめました☺️

 


現在、普段の生活ができない状況が続いていますが、この投稿で少しでもワクワクした気持ち、そしてラオスに興味を持って頂けたら幸いです☺️

 


また、オンラインストアでは自然豊かなラオスで育てられたコーヒーを販売しております。

現在特別に全ての商品にドリップパックをおひとつプレゼントしています🎁

詳細は以下のURLからどうぞ👀☟

https://gsfr3.app.goo.gl/kRa2Xu


#ラオス#コーヒー#海外旅行#

他国のコーヒーと比べてラオスコーヒーって?

こんにちは☕️きっきです!

 

皆さんオンライン授業、リモートワーク、テレワークが続いてストレスが溜まっている時期ですね、、、。お仕事疲れにラオスのコーヒーを淹れてみては如何ですか?

家に居る時間が多いからこそ、この時期に様々な国のコーヒーを飲み比べてみるのもいいですよね!ということで、今日はコロナが本格的に広がる前に訪れた、マレーシアとベトナムのコーヒーについて感想を👀


まず、マレーシア🇲🇾

マレーシアで定番のコーヒーは「ホワイトコーヒー」!そこで、マレーシアでポピュラーなチェーン店「Old Town White Coffee」というカフェに行ってきました。

f:id:dripro-ft:20200426181857j:image

私は最初、ミルクがたっぷりで甘いコーヒーをイメージしてました。

しかし、飲んでみると、「甘いけれど、ミルクの甘さじゃない」という感想を持ちました🤔

不思議に思い、聞いてみると、コーヒーの焙煎をする時にマーガリンを加えていることでこの白さと、クリーミーさが出ているそうです。

インスタントのホワイトコーヒーはお土産屋さんでお手頃な価格で手に入れることもできちゃいます!


次に、ベトナム🇻🇳

特に、ハノイに訪れました!

ハノイには行くところ行くところにカフェがあり、ついついカフェめぐりを楽しんでしまいました😆


どこのコーヒーを飲んでも思ったことがあります。それは、アレンジがすごい、、、。

例えば、

f:id:dripro-ft:20200426182013j:image

この写真は「エッグコーヒー」と呼ばれるもの。

このコーヒーを飲んだ時、最初に思ったことがカスタードだ!プリン!?でした笑

実際に、コーヒーと卵黄、砂糖でつくられているそうです。

 

また、この下の写真は「ココナッツコーヒー」。コーヒーというよりは、むしろココナッツフラッペ?コーヒーを飲むというよりは、ココナッツが主役!?

f:id:dripro-ft:20200426182229j:image

他にも、様々なアレンジコーヒーがあり、毎回楽しませてくれたベトナムのコーヒー。

その共通点は「甘さ」かなと思います。


ベトナムでつくられるコーヒーはロブスタ種がメイン。アラビカ種より、苦味が強いもの。

そのため、練乳を入れることで飲みやすくしているそうです。

 


じゃあ、同じ東南アジアである、マレーシアやベトナムのコーヒーと比べて、じゃあラオスのコーヒーは??

f:id:dripro-ft:20200426182458j:image

私はそのままの味を楽しめるコーヒーだと思っています。このコーヒーがもつ本来の味ってどんな味かな?そうやって飲む時間が私はとても好きです。コーヒーが元から持つ味を捉えた時、どこか生産者の方と繋がれた気がするからです💭

 

ラオスのコーヒーを初めて飲んだ時、この味のコーヒー初めて飲んだな!という感想を持ったことを覚えています。それだけ、ユニークな味をしています。苦味と酸味のバランスがとれているから、優しい味をしていているところもラオスコーヒーの好きなところです。


皆さんも、この機会に、ベトナム、マレーシアだけではなく、様々な国のコーヒーを飲み比べてみて、自分の好きな国のコーヒーを増やしてみてはいかがでしょうか?☕️


ラオスのコーヒーをご希望の方は、下記URL、ドリプロのオンラインストアからご注文して頂けます。

https://ft-drippack-project.jimdofree.com/online-store/

 

#コーヒー #ラオスコーヒー