ドリプロのブログ

ラオスコーヒーを販売する学生団体ドリプロからのお便り

【スタツア12日目 (スタツア最終日)】収穫作業第二弾+そしてお別れ。

ラオス農家の方と一緒に

収穫作業しました。

 

そのためにまずはいつも通りの険しい道を進みます。

f:id:dripro-ft:20180105002135j:plain

傾斜が大きい農園はコーヒーにとって

良いとされています。

 

しかし、収穫する人にとっては一苦労。

まず、足場が悪いために滑る滑る。

 

本当に収穫作業は難しいなと

痛感させられています。

 

オーガニックにこだわるために、

農薬は使いません。

f:id:dripro-ft:20180105002245j:plain

そのため、虫も沢山います。

 

そして近くには小さい川が!

f:id:dripro-ft:20180105002949j:plain

本当に水の音に癒されます。

 

こう言った自然に恵まれた環境で

コーヒーは育っています。

 

そして、農家さんの知り合いの家で

ご飯をご馳走になりました。

f:id:dripro-ft:20180105004038j:plain

突撃訪問だったちも関わらず、

歓迎してくれるのは、うれしいですね!

 

そして、農園を見に行ったら、

 

またしても絶景!

f:id:dripro-ft:20180105004509j:plain

自然の力に完全に癒されます。

 

そして夜、バーシーというお別れの儀式をやってもらいました。

別れを惜しんで、なかなか帰してもらえません笑

 

f:id:dripro-ft:20180105003651j:plain

 

このようにしてたくさんの農園と農家を見てきましたが、全ては簡単ではありません。

 

私たちが普段何気なく飲んでいるコーヒー

それは1つひとつの努力の積み重ねで出来ています。

 

自分と一見関係ないように見えることでも、実は繋がっています。

 

そしてスタツアが終了します。

 

最後に

おそらくスイスとラオスが協力して建てた学校にお邪魔しました。

f:id:dripro-ft:20180105003135j:plain

こどもたちが一つに集まって勉強できる環境は

実は簡単なことではないと感じました。

少し薄暗いなかでの勉強は日本では考えらられないものです。

 

休み時間になると、

一緒に遊びます。

f:id:dripro-ft:20180105002858j:plain

本当に純粋でかわいい子供たちとの時間はあっという間でした。

 

この普段体験できないことを通じて

さまざまな経験を得ました。

 

この度のスタディツアーのブログを愛読してくださいました読者の皆様、

ありがとうございました。

 

これからもドリプロはラオスのコーヒーを通じて

理念である「生産者と消費者の真のwin-win」の実現に向けて、

挑戦を続けて参ります。

 

応援宜しくお願いします。

 

以下ドリプロのホームページ↓↓↓

https://ft-drippack-project.jimdo.com/

 

(たくみ)

【スタツア11日目】 ラオスの農家は可哀そうなんかじゃない。 2018/1/2

f:id:dripro-ft:20180103100908j:plain

ラオスで髪を切りました、ひろきです。

 

出国前に日本で切ったのですが、せっかくなのでラオスでも切ることに。

そして来たのが、このお店。

f:id:dripro-ft:20180103094055j:plain

顔そり、耳かき、ニキビも全部つぶしてくれる丁寧なサービスでたったの3万キープ(約400)円です。

みなさんもパクソンに訪れた際にはぜひ。

 

f:id:dripro-ft:20180103094142j:plain

今日はパクソンからバイクで30分ほど走ったところにある、セータプーン村を訪れてきました。

それほど大きくない、閑静な村です。

今回の目的は農家にお話を聞くことと、サンプル豆を購入すること。

 

初めはこの村の組合長にお話を聞こうかと思いましたが、農場に働きに行ってしまっていました。

そこで、違う家に突撃訪問してお話を伺うことに。

 

たまたま道端で見かけた男性に話しかけてみると、家に連れて行ってもらえることになりました。

 

そして訪れたのが、コーンさんのお宅。

到着した時には、奥さんがよい豆と悪い豆の選別をしていました。

f:id:dripro-ft:20180103094153j:plain

聞くと、もうここずっと同じ作業を繰り返しているそう。

3日しか休んでいないとのことでした。凄すぎます。

 

豆を購入したものの、入れる袋がないとのことで、取りに行ってくれました。

その間、ひたすらみんなで豆の選別を手伝います。

 

すると思いがけない一言が

コーン夫人「ご飯食べてきな!」

 

今日会ったばかりの見知らぬ日本人にご飯をご馳走してくれるというのです。

せっかくの機会なので、お邪魔して食事を頂くことにします。

そして出てきた料理がこちら。

f:id:dripro-ft:20180103094314j:plain

特に卵が絶品でした。

味付けが濃くて、ご飯にとても合います。

昼間からビールを飲んだりして、楽しくご飯を頂きます。

 

そのとき、

たくみ「このご飯を入れるケースいいよね。欲しいな」

といって、このケースを見つめだします。

f:id:dripro-ft:20180103093951j:plain

「市場に行けば買えるよ」とけんしろさん。

一同がどこで買える、あっちいけこっちいけと話している間に、

 

コーン夫人「それ持ってきな!」

 

と、この工芸品をたくみにプレゼントしてくれました。

なんと初めてあった農家さんにご飯も頂いたうえ、プレゼントまで貰っちゃいました。

コーンさん、ありがとうございました。

 

こちらに来てからは誰かにご飯をご馳走してもらいっぱなしです。

家にお邪魔したついでに頂いたり、パーティーに呼んでもらったり、レストランに連れて行ってもらったり。

 

ラオスの人たちは僕ら学生でアルバイトしている人よりも年収的には貧しいはず。

それでもみんな「いいよ!食べて、飲みな!」といってくれます。

むしろこっちが貧乏な気分になります。

はたして、“支援”されているのは一体どちらなのでしょうか。

 

ラオスの農家は決してかわいそうじゃない、と僕は思います。

しっかり働いて、けれど時には仲間とお酒を飲んでたばこを吸って。

なんだか、いつも楽しそうというか、充実してそうというか、

うまい言葉で言い表せませんが、とにかくかわいそうじゃないんです。

 

だから、かわいそうな農家を支援してあげましょう、ということを売りにして、

フェアトレードを前面に押し出して販売することはしたくありません。

 

農家の仕事に対して、正当な対価を払って購入をする。

シンプルですが、これがもの凄く大事だと思うのです。

 

このことを忘れずに、これからも精進していきます。

 

明日はスタツア最終日です。

 

これで僕が書くブログ記事は最後になります。

ここまでブログをよんでくださった皆様、ありがとうございました。

 

それじゃ!

 

(ひろき)

【スタツア10日目】お金がない・・・。そうだ、ラオスでバイトしよう。後編 2018/1/1

新年明けましておめでとうございます。

今年も素敵な一年にしましょう。

 

最近いちごに浮気してます、たくみです。

さて、私たちは昨日に引き続き、ラオスで農作業。

 

山本農場さんで農作業と直売所で働きました。

 

ラオスでいちごを栽培なんて、とても珍しいですよね。

 

私たちは朝七時半からいちごの収穫作業。

ちちごはとても繊細なので、丁寧に収穫しなければなりません。

 

多くのいちごを収穫しても、

うどん粉病といって表面が白いものは販売できません。農作業ってほんとに大変だな。。

 

 

続いて古い葉っぱをひたせら取っていきます。これがまた大変。

腰が痛い痛い(笑)

f:id:dripro-ft:20180102100231j:plain

でもこうやって葉っぱを取ることで美味しいいちごができると思うと、

嬉しいですよね!

f:id:dripro-ft:20180102100430j:plain

午後は直売所で働きました。

ドリンクを出したり、

 

レジをしたり、

f:id:dripro-ft:20180102100301j:plain

ラオス語わからないからお客さんとコミュニケーション取るのも一苦労。

(外国で働くって本当に難しい。)

 

山本農園さんは観光農園をやっているので

多くの観光客が来ます。

 

きれいなお花や、ラオスでは珍しいいちごと写真を撮ったり。

 

大人気です!

ラオス人スタッフと一緒に仕事できるなんて、貴重です。

 

山本社長、吉野さん、そして、山本農園さんのスタッフの皆様。

2日間お世話になりました。

 

f:id:dripro-ft:20180102100342j:plain

 

明日からコーヒーについての調査を再開します。

 

(たくみ)

【スタツア9日目】お金がない・・・。そうだ、ラオスでバイトしよう。前編  2017/12/31

人生で初めて山火事に遭遇しました、ひろきです。

 

いつも通り帰宅しようとしていたら、

 f:id:dripro-ft:20180101011343j:plain

燃えている!!!

 

現地の農家さんによると、こうした火事が発生することは結構あるそうです。

とはいえ、さすがに驚いてしまいました。

 

道路の真横の草が燃えていたので通り抜けるのが怖かったです。

大事になっていないことを願っています。

 

 

今日はラオスの農園でアルバイトをしてきたお話です。

・・・え?アルバイト?

 

事の発端は2日の夕ご飯にさかのぼります。

この日は“山本ファーム”という農園を運営されている山本さんと、農園長の吉野さんとごはんを頂く機会がありました。

 

f:id:dripro-ft:20180101085753j:plain

山本ファームは日本人の山本さんが数年前に始めた農園の名称。

一番の特徴は、いちごを生産している点です。

ラオスではなかなか見ないいちごを丁寧に栽培されています。

なんでも昨年のいちごは日本のものより甘かったそうです!

そのほかにも、様々な作物や動物がおり、観光農園としても人気です。

 

食事も中盤に差し掛かったころ、

 

吉野さん「そうだ、君たちラオスで暇なんだったらうちの農園で働きなよ」

僕「えーはたらくんですか(迷い)」

吉野さん「ワーカーとして、お金も払ってアルバイトでさ。」

僕「・・・お金!?」

吉野さん「お金払う代わりにこき使うけどね」

僕「ぜひお願いします!」

 

金欠なので、ついついお金につられちゃいました(笑)

まあそれは半分冗談として、ラオスでアルバイトなんてなかなかできるもんじゃないです。

やらない理由がない!ということで、大晦日、元旦の2日間アルバイトが決定しました。

 

そして今日がバイト当日。

農園の朝は早いです、7時30分に集合です。

 

ついてからはまずは朝礼。

日本系の会社ということで、毎日日本語教育も同時に行っています。

今日の日本語は「16、17」でした。

僕ら日本人はラオス語のお勉強を。

 f:id:dripro-ft:20180101011405j:plain

その後はいちご摘みの作業をお手伝い。

一つ一つ手作業で摘み取っていきます。

 

・・・腰がしんどい!

かがむ必要があるので、地味にたいへんな作業でした。

 

その後はつみとったいちごを梱包します。

この時、大きさごとにわけるだけでなく、よくないいちごの選別も行います。

たくみも真剣です。

 f:id:dripro-ft:20180101011411j:plain

ここでひとやすみ。

ワーカー仲間がお茶を持ってきてくれたので、一息つきます。

 f:id:dripro-ft:20180101011427j:plain

休憩後はまず大根抜きからスタート。

 

その後は、観光客の案内係を任命されました。

農園内を説明したり、写真をとってあげたり。

日本人のご一家が来られた時は一緒に回ってかるくガイドもさせていただきました。

 

水やりもします。

 f:id:dripro-ft:20180101011356j:plain

そんなこんなで1日のお仕事が終了!

つかれた~~~

 

今日は大晦日ということで、仕事納めでちょっとした飲み会。

仕事終わりのビールは格別です。

今日はこんな感じの仕事をさせてもらいました。

農園のワーカーはなかなか大変そうです。

 f:id:dripro-ft:20180101011353j:plain

アルバイトは明日まで続きます。

明日もブログにその様子を載せる予定です。

 

それじゃ!

 

(ひろき)

【スタツア8日目】私たちが求めた道無き道の果て 2017/12/30

朝から牛の行進に遭遇しました、たくみです。

f:id:dripro-ft:20171230234841j:plain

これが日常の光景とは考えられません(笑)

 

 

本日は新たにノンルアン村へ行きました。

標高1,200くらいです。

 

ここから悪道を進みます。

f:id:dripro-ft:20171230234854j:plain

なぜかって?それはあるものが私たちを待っているから。

さて、何が待っているのか。。

 

上を見上げると

まるでトトロが出そうな道を

f:id:dripro-ft:20171230234950j:plain

ひたすら進むと…

 

その先には

 

f:id:dripro-ft:20171230235012j:plain

f:id:dripro-ft:20171230235023j:plain

 

 

f:id:dripro-ft:20171230235054j:plain

見てください!この絶景!!!

ガーム!(きれい!)

いやー言葉が見つかりませんでしたね。

写真では伝わらない爽快感があります。

 

ここで終了かと思いきや…

またまた道無き道を進み…

 

じゃん!

f:id:dripro-ft:20171230235152j:plain

ここの景色を見ながら昼食!

 

なんて贅沢なんでしょうか!

この地域にも人は住んでいるんですよ。

 

f:id:dripro-ft:20171230235240j:plain

でも普通はこうなりますよね(笑)

 

このきつーい道をラオスの知り合いと歩いて行きました。それでも「エクササイズ♡」と言いながら楽しく歩いていました!

 

どんなことも楽しみながらやることって大切ですよね!

ムアン!(楽しい!)

 

まぁもちろん、また来た道を帰るわけですが笑

 

 

ここで少し触れたい話があります。

村へ向かう途中であるものを見つけました。

 

この写真はなんだかわかりますか?

f:id:dripro-ft:20171231000531j:plain

 

これは日本とラオスが協力して建てた学校です。

f:id:dripro-ft:20171231000539j:plain

しかしながら現在は使われていません。なぜか。

 

生徒はいても、先生がいないために使われなくなってしまったそうです。

 

支援もただ支援すればいいというわけではないと

感じた瞬間でした。(でも他にはなにか・・・。)

 

 

そして夜。

 

夜はまた自然を感じることができました。

 

満点の星空!!!

写真ではうまく取れないため、ここではカットします。

(みなさんと共有できないことが残念です。)

今日は大自然の美しさを感じながら、ぐっすり寝ます。

 

(たくみ)

【スタツア7日目】ラオスで感じたフェアトレードの実態と限界

やっと暖かいシャワーがある宿に移動できました、ひろきです。

 

前の宿をチェックアウトして、別なところに来ました。

Wi-Fiは強いし、シャワーは暖かいし、そしてベットは3人分ある!

やっと一人分のベットで安らかに眠れます。

のはずが・・・

けんしろ「もちろんシングルベット2人、ダブルベットに一人だよね?」

でました、ここでもやるみたいです。

まだまだ安眠への道は遠そうです。

 

f:id:dripro-ft:20171230093327j:plain

今日は年に1度、JCFC(ラオスコーヒーを取り扱う農業組合)に所属する農家が集まる会議、Farmers’ meetingを見学してきました。

約20人、JCFCに所属している村の代表が集まりました。

 

8時開始と聞いていましたが、結局会議が始まったのは9時半ごろ。

このあたりがラオスらしいです。

農協幹部に聞いてみると、

幹部「8時でみんなに集合かけたから、9時頃に集まると思うよ」

さすが、9時開始を狙っての8時集合だったんですね(笑)

 

f:id:dripro-ft:20171230093524j:plain

会議は様々なテーマが話し合われましたが、その中でフェアトレードのプレミアムの用途紹介がありました。

フェアトレードプレミアム(農協側はソーシャルプレミアムと表現していました)は、企業が作物を購入する際、その価格以上のお金を払い、生産者の生活向上に役立てるというもの。

 

今年はアメリカとヨーロッパの企業がラオスコーヒーの売り上げ分10%をプレミアムとして寄付してくれました。

 

そして農家のために購入したのがこちら!

 

f:id:dripro-ft:20171230093606j:plain

そう、この緑色のプラスチック袋です。

え?たったのこれだけ?

なんだかちょっとがっかりしてしまいました。

 

しかしよくよく話を聞くと、この袋はすごいことがわかっていきました。

 

これは、コーヒー豆の状態を保存するための袋。

コーヒーは非常に繊細な取り扱いが必要で、特に水分含有量の調節が難しいそう。

倉庫においておくだけでも、余分な水分を吸ってしまうのだとか。

 

そこで、この袋の登場です。

特殊な構造のおかげで、余分な水分から豆を守ってくれます。

農家にとってもよりよい品質のコーヒーを販売することができます。

 

これには農家の人たちも興味津々でした。

公正な価格で買う以外にも、ソーシャルビジネスとしてプレミアムを行う意義があると感じました。

 

ただ結局はコーヒー豆のことに使われてしまっているのも事実です。

組合や農協に加入している人の利益にしかなりません。

 

——————— 

 

僕はラオスの人たちを可愛そうと思ったことはありません。

のどかで、いつも平和な時間が流れています。

それでも、道路はでこぼこで、子どもたちは働くために学校をやめたりすることがあります。

まだまだ解決できていない問題があるのも現状です。

 

ドリプロがフェアトレードでコーヒーを販売する以上、ラオス国内の貧困問題は避けて通れません。

フェアトレードの目的の一つとして途上国生産者の賃金アップ、大きく言えば生活水準の向上があるからです。

 

ただ、どこまで国内問題に対して関わっていくかはドリプロ内でも意見が分かれています。

単に公正な価格で販売すればいいのか、それともより“支援”を行うべきなのか。

 

個人的には、プレミアムをつくって“支援”をするのもよいかと思っています。

会社なら別ですが、あくまで学生団体なので、しっかりとソーシャルビジネスをおこないつつ、問題解決のために時間を割くことができるからです。

 

まずは、こうして得た学びを団体に持ち帰り、みんなと熟議を重ねたいと思います。

 

明日はかなり質のよいコーヒーを作っていると噂の村を訪れに行きます。 

 

それじゃ!

 

 

(ひろき)

【スタツア6日目】コーヒーの奥深い話とラオス文化の体験 2017/12/28

どうも、昨日はラオスの知り合いの結婚式に参加させていただいたたくみです。

 

招待状を頂いて最初は参加しても良いのかと思いましたが、

大いに歓迎されて、食べて踊って飲んで。楽しみました!

f:id:dripro-ft:20171229100409j:plain

 

さて、今日は主に2つのイベントがありました。

 

①焙煎(コーヒー豆を焼く作業)を体験しました。

②バーシー (ラオスで無事に帰ることができるように願う儀式)

 

①焙煎について

豆を育てることは簡単ではありませんが、味を引き出すように焼くこともまた大変難しい作業です。今日は焙煎を体験しました。(初めてでドキドキ。)

ラオスに留学しているドリプロのOBの方に教えていただきました。

f:id:dripro-ft:20171229095500j:plain

感覚をを研ぎ澄ます。

豆の焼いた音、色、香りなどチェックしながら進めていきます。

 

(本当に奥が深いです。) 

何度も何度も繰り返し練習しなければ

納得のいく味に焙煎できないと感じました。

(焙煎を間違えれば豆の良さを引き出せないこともあります。)

 

彼は焙煎と豆の仕分け作業、

なかなかの集中力。

f:id:dripro-ft:20171229095219j:plain

 

②バーシー

バーシーでは姉妹団体であるFラオさんと一緒に参加させて頂きました。

(何度もお邪魔をしてしまい、すみません。) 

お互いの帰国への無事を願って手首に紐を巻いていきます。(これは3日後に自分で解かなければならない決まりです。)

f:id:dripro-ft:20171229095250j:plain

バーシーは個人的には2回目ですが、

毎回思うことがあります。

この儀式は相手を大切に思いやる気持ちから成り立っていること。

ラオスの人々の暖かさを感じます。

f:id:dripro-ft:20171229095324j:plain

ラオス住みたいな。

日本に帰りたくなくなってる私がいます。

 

(たくみ)