ドリプロのブログ

ラオスコーヒーを販売する学生団体ドリプロからのお便り

【スタツア2019 最終日・まとめ】

サバイディー!

今年はラオスでバナナが食べられなかったことが唯一心残り、9期代表のふみかです!


9月4日からスタートしたスタディーツアーも、いよいよ最終日となりました。


お世話になったゲストハウスのおばちゃんに別れを告げ、長い旅路が始まります。


東京とラオスをつなぐ直行便はなく、私たちのスタディーツアーでは、タイ・ラオス間を陸路で移動しています。


まずは、滞在していたパクソンから車で1時間ほどかけ、ラオス第二の都市パクセへ。


ラオス最大規模のマーケット・ダオファン市場でお土産を買いました。

f:id:dripro-ft:20190911151059j:image


ラオスのビール・ビアラオのデザインのTシャツを買ったり、私を含め数名の女子メンバーは
シンというラオスのスカートを作ってもらいました。
日本まで待てず、空港で試し履き(笑)

f:id:dripro-ft:20190911151302j:image


近くのレストランで食事をとり、このスタディーツアーで得た学びを共有しました。
これらを日本に持ち帰り、さらに話し合って今後の活動に反映させていきます。
ここでお世話になった通訳さんやコーディネーターさんとお別れです。
たくさんの方のご協力あってこそ充実したスタディーツアーになりました。
ありがとうございました!

f:id:dripro-ft:20190911151319j:image


別れを惜しみつつパクセを出発し、ラオスとタイの国境へ向かいます。
出国手続きを終わらせ、歩いて国境を越えます。
この小さい柵が国境だということです。

f:id:dripro-ft:20190911151338j:image


国境を越えるとそこは、タイのウボンラーチャターニーという街です。
そこから車を乗り換えて約1時間半、空港へとたどり着きます。
ここから国内線で1時間かけてバンコクバンコクから日本へ帰ります。

 


私たちのスタディーツアーは、ジャイカフェ農民協同組合(JCFC)というラオスのコーヒー生産者の組合の協力のもとに実施されています。


実際にコーヒーを育てている村まで行き、リアルな生産者に会い、話を聞く。そして農園を目の当たりにする。
インタビューの中で組合員は、フェアトレードのありがたさを語ってくれます。
しかし、この過程の中で見えてくるのは、フェアトレードの素晴らしさだけではありません。
フェアトレードが完全なものだとはいえないこと、ラオスのコーヒー生産が抱える課題、日本人とラオス人の感覚の違い、ラオスコーヒーのマーケットの規模ががまだまだ小さいということ…

f:id:dripro-ft:20190911151501j:image
私たちの活動はとてもとても小さなものですが、それでも組合の方は「ありがたい」と言ってくれました。
突然やってきた日本人である私たちを温かく受け入れてくれたラオスの方々、そしてラオスという国のことを、もっと好きになったスタツアでした。
彼らのために頑張りたい、その思いを胸にこれからの活動を考えて、取り組んでいきたいと思います。


最後に、このブログをここまで読んでくださった皆様に心より感謝いたします。
今後とも温かい応援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

9期代表 ふみか

スタツア2019 6日目

タツア7日目

サバイディー!お腹めちゃくちゃ弱いけど、危機管理怠らずでなんとか乗り越えたエノです✌️油断禁物!

タツアも残すところ2日か〜エモいです。(語彙力)

 

f:id:dripro-ft:20190913082024j:image
今日はダオファン工場見学をしました!

この工場は1999年から始まり、昔は規模は小さかったけど今では設備が大きくなって、東南アジアで1番大きいコーヒー工場なんだそう!3つ加工場があって、1時間に200tものチェリーを加工できるそうです。

 

それでは今から一緒に工場見学しましょう〜♩

f:id:dripro-ft:20190913082020j:image

まず、この工場に持ってきた果肉をドバーッとここに入れます

f:id:dripro-ft:20190913082016j:image

その次に、この機械にチェリーを投入して、

f:id:dripro-ft:20190923185652j:image

チェリーの品質を選別をします!ここでは小さい穴でゴミを落としてから、大きい穴でチェリーを落として葉っぱを取る作業をします。

f:id:dripro-ft:20190923191848j:image

それから、重いチェリー(左)と軽いチェリー(右)で分かれて、

f:id:dripro-ft:20190923191840j:image

果肉除去機に入ります!

 

f:id:dripro-ft:20190923191513j:image

因みに、除去した皮はここで五ヶ月置いた後に農園で肥料として使うんだそう!良いですね、この自然の循環!

f:id:dripro-ft:20190923185935j:image

 

それからここでパーチメントになり、

f:id:dripro-ft:20190923191517j:image

発酵槽に運ばれて24時間発酵します。この発酵槽、よく見たら斜めになっていて、軽いパーチメントは上にいき、完熟した重いパーチメントは下にいく仕組みになっているんです。

f:id:dripro-ft:20190923191536j:image

発酵後、パーチメントがここに流れてきて滑り取り機で滑りを取り、トラックのコンテナに入れてパクセーから22kmの所にある工場に運ばれます。

 

そのあとコーヒーとお茶の農場に連れて行ってもらいました!

f:id:dripro-ft:20190923191836j:image

 

220ha にも及ぶカティモールの農園が!

 

午後はJCFCの倉庫へ!f:id:dripro-ft:20190923191844j:image

JCFCメンバー全員の豆がここに運ばれてきて

村ごとに加工、出荷されます。

 

 

 

f:id:dripro-ft:20190923191533j:image

これはドリプロ6期の先輩方とJCFCが共同で建てたトイレ!こうやって協力しあって良い関係を築いていく、素敵ですね。🇯🇵🇱🇦

 

f:id:dripro-ft:20190923190536j:image

それからJCFC幹部のウアンさんと、3つの村で家計調査を実施したことから浮かび上がった疑問点やJCFCへの提言などについて話し合いました。日本酒のお土産にフアンさんご満悦の模様😂

 

f:id:dripro-ft:20190923191520j:image

夜はJCFCの方々がバーシーというラオス伝統の儀式を行ってくださいました。バーシーはラオス人にとって大切な儀式で、子供が生まれた時や誰かが病気になった時などに必ず行われます。人間の体には30の魂があって、もともとあった魂を自分の中に取り戻すために行われます。

f:id:dripro-ft:20190923190705j:image

コットンを手首に巻いて長寿・幸せ・繁栄・健康をお祈りします。

f:id:dripro-ft:20190923190737j:image

 

f:id:dripro-ft:20190923190751j:image

f:id:dripro-ft:20190923191642j:image

ラオラオ。。。

f:id:dripro-ft:20190923191302j:image

子供たちがめちゃくちゃ可愛かった…

お供えの花をたくさんプレゼントしてくれたんだけど大丈夫かなw

 

ラオスで数日間過ごして、一日一日が本当に濃く充実した日々でした。ラオスの人って仲間とのつながりを凄く大切にしていて、今を精一杯周りの人と協力しながら楽しく生きているってゆうのが伝わってきて、幸せとは何かを考えさせられました。資本主義経済の中で生きている私たち日本人にとってお金と幸せは比例するかのように思えるけど人間として人間らしく生きる上でもっと大事にしなければいけないことが他にあるのでは、と考えさせられました。

 

 

 

最終日もラオス満喫するぞー!🇱🇦

それではまた!

f:id:dripro-ft:20190923191524p:image

 

 

 

 

 

【スタツア2019 5日目】

サバーイ ディー(こんにちは!)
名古屋民ですが
この度ドリプロさんのスタディツアーに
参加させてもらってる
あおき です

今日は最後の村訪問!
宿から40分くらいかけて
いざセットコット村へ

の前に
壊れた傘を持つ代表を1枚

f:id:dripro-ft:20190909120702j:image

途中、ダムの上の橋を渡ることになり、
みんなで車を降りて渡ります

絶景
ここでビアラオ飲みながら夕陽を
ぼーっと眺めてたい!

f:id:dripro-ft:20190909120748j:image

村の方が橋の向こうで待っていてくださり、
ここから先はトラックの上に乗り、
目的地へ!

🚚🚚🚚

セットコット村へ到着し、
村長の話を聞きます

そして家計調査!

f:id:dripro-ft:20190909120848j:image

その後農園を見せてもらえることに!
見渡す限りのコーヒー農園は小川をまたぎ
拡がっています

f:id:dripro-ft:20190909120930j:image
f:id:dripro-ft:20190909175319j:image

 

コーヒーの果肉除去機は、
中古で一台あたり290万kip(キープ)します
収穫してすぐに果肉除去しないと
質が落ちてしまうのでとても重要な道具です

f:id:dripro-ft:20190909175417j:image

生産者はコーヒーをただ単に作って
売るのではなく

どの豆を
チェリーの状態やパーチメントの状態の、
どの段階で
どこに売るのか
何に投資して収穫量を上げるのか等
意思決定を繰り返し
家庭を経営しているんです!

お世話になったお家の方々と共にパシャリ

f:id:dripro-ft:20190909222431j:image

帰り側、なんと村の方々が僕たちを
歓迎の証として道中の店で
奢ってくださいました
人のあたたかみを感じた瞬間でした☺️

f:id:dripro-ft:20190909222517j:image

🚗🚗🚗

日は暮れゆき、
言葉を失うような絶景を目の当たりに

f:id:dripro-ft:20190909222549j:image


今日までの生活を通して
この国ラオス
『貧しくも飢えのない国』
と呼ばれる理由が、
垣間見えたように思えます

それでは、
ポップカーンマーイ!(また!)